• English
  • Tiếng Việt
  • 中文 (中国)
  • 한국어
  • 日本語
  • りんごはとても人気のある果物で、多くの人が口にしています。それもそのはずです。この果物は栄養価が非常に高く、そしておいしいのですから。最後にりんごを食べたのはいつでしょう?この記事を読べばりんごが食べたくなるでしょう。そして、なぜEU産の果物を選ぶべきかがわかります。りんごを食べるべき7つの理由をご紹介します!

    りんご — りんごの中にも多くの品種

    りんごには多くの品種があることをご存知でしたか?硬くて酸味の強い品種もあれば、果肉が柔らかくて非常に甘い品種もあります。きっとお気に入りの品種が見つかるはずです!毎日の食生活にリンゴを取り入れることには、多くのメリットがあります。

    りんごを食べるべき7つの理由を発見!

    りんごは形、大きさ、色、熟成時間が異なります。[i]ただし、それらには共通のメリットがあります。主なメリットを7つ紹介します。

    1. 味が良いこと。それぞれの品種には特徴的な味と魅力があります。ポーランド産のロイヤル・ガラ、リゴル、レッド・デリシャス、レッド・ジョナプリンスなどをお試しください。
    2. 幅広い使用用途に利用できること。生で食べるのはもちろん、ゆでる、焼く、揚げる、蒸し煮にする、乾燥させるなど様々な方法で加工することができます。リンゴはデザート、サラダ、ソース、肉料理の味をぐっと高めてくれます。りんごはジュースやコンポートにして飲むことができるほか、さらにはアルコールや酢も作ることができます。
    3. 様々な栄養成分が含まれていること。りんごには様々な栄養が豊富に含まれています。貴重なビタミン(C、B1、B2、B6、ナイアシン、A、Eなど)、プロビタミン(β-カロテンとカロテノイドを含む)、およびさまざまな元素がそれにあたります。[ii]
    4. 天然のポリフェノール源であること。リンゴとその加工品には、強力な抗酸化作用を持つ化合物であるポリフェノールが豊富に含まれており、毎日の食生活にぜひ取り入れたいものです。[iii]
    5. 食物繊維が多く含まれていること。食物繊維はりんごの重要な成分です。世界保健機関(WHO)は、1日あたり27〜40gの繊維を摂取することを推奨しています。リンゴを1〜2個食べると、この目標がほぼ達成できることになります。[iv]
    6. 低カロリーのスナックに最適であること。Mサイズのりんご(150g)はわずか50〜80kcalで、そのカロリーは主に炭水化物(約14%)によるものです。そのため満腹感が得られ、栄養も取れるスナックであるといえます。
    7. 1年を通して価格が安定していること。りんごはとても買い求めやすく、店頭では早生品種と晩生品種が販売されており、一年中その味を楽しむことができます。

    EU産の美味しくて安全なリンゴを選びましょう

    みずみずしいりんごが食べたくなってきましたか?EUで生産されるりんごは美味しいだけでなく、栄養素が豊富で安全です。果樹園の設置、管理、保護の原則を具体的に規定するEUの規制によって、その高い品質が可能になりました。明日買い物に行くときは、この特別な果物をお忘れなく!

     

     

    [i] 同上

    [ii] 同上

    [iii] 同上。139ページ

    [iv] H. Bojarowicz, P. Dźwigulska, „Suplementy diety.Część II.Wybrane składniki suplementów diety oraz ich przeznaczenie”, Hygeia Public Health 2012,  47巻-4、441ページ。

    小さく目立たないブルーベリーですが、その味に秘めた可能性は無限大です!もうお試しになりましたか?ブルーベリーを日頃から食べるべき理由、ブルーベリーの活用方法、そしてEU産のブルーベリーの特徴についてぜひお読みください。

    ブルーベリー - 類まれなるその味

    ブルーベリーは北アメリカ原産の果樹です。長命な低木果樹で、淡い色の果肉を持つ濃い青色の房を形成します[i]。果実は芳醇で甘酸っぱい味わいです。

    味だけでなく、栄養満点の果実

    ブルーベリーは栄養価が高いのが特徴です。ビタミンCとビタミンAを多く含み、同時にナイアシン、ビタミンB1とビタミンB2も含んでいます[ii]。100gで炭水化物、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム (81.0mg)が接種できます[iii]。また、ブルーベリーにはリンゴやニンジンの5倍もの抗酸化物質が含まれています[iv]。さらに、ブルーベリーは低カロリーです。100gでわずか62kcalしかありません!

    毎日の食事にブルーベリーを取り入れるには?

    ブルーベリーはそのまま食べたり、デザートとするのに最適です。ヨーグルト、アイスクリーム、スムージー、サラダに加えるのもおすすめです。もちろん色々なケーキとも相性抜群です。また、ジャム、ジュース、果実酒などブルーベリーの加工品は非常に人気があります。ご覧のとおり、ブルーベリーは様々な可能性を秘めています!

    EU産のブルーベリーを選ぶべき理由とは?

    EUで栽培されたブルーベリーは味と栄養が抜群です。EUの農家は統一の植物保護システム原則を適用しているため、果物は高品質で安全です[v]。このシステムには様々な活動ルールが含まれます。

    消費者がヨーロッパ産の食品に手を伸ばすのも不思議ではありません。皆さんも買い物の時に意識してみることで、EUで栽培された安全なブルーベリーを選ぶことができます。ブルーベリーの味と栄養が皆さんの食事を豊かにしてくれるでしょう!

     

     

    [i] J. Rusnak [2012] Uprawa borówki amerykańskiej、Karniowice 3ページ。

    [ii] 同上。

    [iii] A. Reszka、T.Lesiów、J. Mońka [2017]、 「Uwarunkowania ekonomiczne uprawy i przetwórstwa owoców borówki wysokiej w Polsce」 Nauki inżynierskie i technologiczne、 2号(25)、57-58ページ

    [iv] J. Rusnak、 同上

    [v] 「Metodyka integrowanej ochrony borówki」、 H. Bryk (編)[2013]、Skierniewice、5ページ

    [vi] 同上。

    持続可能な生産の原則に従うことで、おいしくて安全な食品を毎日楽しむことができるのです。このような活動は標準化され、EUの「農場から食卓まで」戦略に明記されています。この政策がどのようなもので、EU産食品の高い品質にどのように貢献しているか、ぜひお読みください。

    「農場から食卓まで」戦略とは?

    「農場から食卓まで(Farm to Fork、F2F)」戦略は、2020年5月に発表された欧州委員会の包括的10カ年計画です。[i]公正で安全、かつ環境に配慮した食料生産システムを示しています。戦略の主な目的は以下の通りです。

    生産から流通、消費に至るまで、F2Fのコンセプトには食品サプライチェーンのすべての段階が含まれています。[iii]各加盟国は、そのコンセプトに従い、国全体でその内容を実行します。

    EUがF2F戦略に注力する理由

    「農場から食卓まで」戦略は、初の包括的な食料生産システム政策です。以前の取り組みは、農業、環境、健康、商取引などのセクターごとに行われていました。[iv]今、欧州委員会の勧告は、食料生産の全体的なアプローチを変えようとしています。

    F2F戦略がEU産食品に与える影響

    食の安全が優先事項とみなされるようになったことで、EUの農場はさまざまな技術革新を導入しました。例えば、持続可能な生産技術、肥料の使用量削減、生産者とサプライヤーの協力体制などです。[v]これにより、EU産の食品は高品質で安全であることが保証されています。

    「農場から食卓まで」戦略 - これがあなたの生活にどう関わってくるのでしょうか。

    新しい規制は、植物および動物由来食品の品質を保証するものです。したがって、店頭ではEU産食品を探す価値があるといえます。EU産食品を選ぶことで、ご自身の安全を確保し、「農場から食卓まで」戦略の恩恵を受けつつ、おいしいものを楽しむことができるのです。

     

     

    [i] EU理事会公式サイトhttps://www.consilium.europa.eu/pl/policies/from-farm-to-fork/(2022.09.07アクセス)

    [ii]同上

    [iii] K. Kot, 「『農場から食卓まで』戦略 - 食料生産に与える影響、広報誌「実践食料安全」2020/24号https://bezpieczenstwozywnosci.wip.pl/nowosci/strategia-od-pola-do-stolu-jak-wplynie-na-produkcje-zywnosci-3880.html(2022.09.07アクセス))

    [iv]同上

    [v]同上

     

    アロニアを食べたことはありますか?この記事では、アロニアの豊富な栄養価と、アロニアを使ってできる料理をご紹介します。記事の最後には、欧州連合の果物を選ぶメリットについてお話します。

    アロニアの見た目と味は?

    8月から9月にかけて熟すアロニアの果実はほとんど黒色に近い濃い青をした玉の形をしています [i] 。赤ワインのようにタンニンを含んでいるため、甘いながら同時に酸味と渋みがあります[ii]。まだ食べたことがないなら、絶対におすすめの果実です!

    アロニアを食べるメリットとは?

    この小さなアロニアはビタミンとミネラルの宝庫です。アロニアは以下のようなビタミンとミネラルを含んでいます:ビタミンB、C、E、K、亜鉛、マグネシウム、カリウム、カルシウムおよび鉄分[iii]

    アロニアの最も重要な成分がポリフェノール、より正確にはアントシアニン、フラボノイドそしてフェノール酸[iv]です。ポリフェノールは、強力な抗酸化物質として広く知られています。品種、生育条件、収穫時期によっては100gのアロニアが8000mgの抗酸化物質を含んでいる[v]こともあります。ブルーベリー、リンゴ、イチゴ、クランベリーと比べると四倍[vi]にもなります!

    アロニアで何が作れる?

    アロニアは豊富な栄養を含んでいるので、食事に取り入れるのがおすすめです。コンポートやジャム、ゼリーやシロップを簡単に作ることができます。チェリー、スグリ、リンゴ、ミントと非常に相性の良い果物です。

    EU産のアロニアは生のものだけでなく、シロップやジュース、ジャムやコンフィチュール、フリーズドライしたものも買うことができます。デザート、スムージー、ケーキをさらに豊かにするのに最適です。このようにアロニアはたくさんの可能性を秘めています。

    アロニアの酸味が気になる方は、48時間冷凍しておくと酸味を抑えられます。

    EU産のアロニアを選びましょう!

    欧州連合(EU)は、食品生産者にサプライチェーンを短縮するように求めています。これはつまり昔ながらの流通システムに戻るということを意味しています[vii]。つまり私達にとってどういうことかというと、EUの果物は産地が証明されていて、高品質で美味しいということです!

     

    [i] M. Białek、 J. Rutkowska、 E. Hallmann、 Aronia czarnoowocowa (Aronia melanocarpa) jako potencjalny składnik żywności funkcjonalnej, „Żywność. Nauka.Technologia.Jakość”、 nr 6(85)/2012, 25ページ

    [ii] 同上、 24ページ

    [iii] A. Szopa, P. Kubica, H. Ekiert(2017) Ekologia, skład chemiczny, działanie prozdrowotne oraz badania biotechnologiczne aronii czarnoowocowej (Aronia melanocarpa (Michx.) Elliott),  aronii czerwonej (Aronia arbutifolia (L.) Pers.) i aronii śliwolistnej (Aronia x prunifolia (Marsh.) Rehd.) Postępy Fitoterapii、 nr 2、149ページ

    [iv] 同上

    [v] M. Białek、 J. Rutkowska、 E. Hallmann 23ページ

    [vi] A. Szopa、 P. Kubica、 H. Ekiert 149ページ

    [vii] Biuletyn Krajowego Zrzeszenia Plantatorów Aronii „ARONIA POLSKA”(2020) Aronia...Na zdrowie!Najkrótsza droga z krzewu na stół、 11-12ページ

    新鮮な牛肉は、栄養価が高いだけでなく、様々な料理に大活躍することをご存知ですか?その特別な味わいと多彩な用途をぜひその舌と目でお確かめください。EUの農場で生産される牛肉にはどのような種類があり、どんな調理法があるのかをご紹介します。

     

    調理用牛肉の種類

    調理用牛肉とは、未加工の肉のことを指しています。EU内で生産された検査済みの肉牛から作られ、最高の品質を持ち、消費者の安全のためにラベル付けされています[i]

    EU内の農場では、仔牛、若牛、肥育牛の3種類の食用牛を生産しています[ii]。長い熱処理を必要としないため、生食(タルタル)、半調理(ステーキ)に適しています[iii]。しかし、牛肉の有用性はそれだけにとどまらず、まだまだたくさんの調理法があります!

     

    牛肉 - 料理への活用法は?

    牛肉の料理用途はかなり多岐にわたります。部位によって以下のように分けて紹介します。

     

    その他、塊のままオーブン調理や煮込み料理ができる部位は以下の通りです。

    ヨーロッパ産牛肉の味を、あなたの淑卓で味わってみませんか?

    牛肉が幅広い用途に利用できることは間違いありません。新鮮で高品質な肉は、鮮やかな赤い色、目に見える淡い白色のサシ、しっとりとした感触が特徴です。EU内の農場で生産された牛肉にもそれらは当てはまっています。明日のお料理からその美味しさを実感してください。

     

    [i] M. Adamski, „Uwarunkowania jakości wołowiny kulinarnej”, Portal AgroFakt.pl, www.agrofakt.pl/wolowina-kulinarna (dostęp 15.07.2022)

    [ii] P. Wójcik, Prawie wszystko o wołowinie, Warszawa 2014, s. 19

    [iii] E. Bąk-Filipek, Uwarunkowania rozwoju rynku wołowiny w Polsce, Warszawa 2021, s. 85

    多くの人は、自然の中に身を置き、その恵みを最大限に活用したいと考えています。健康的な食生活が注目されており、みなさんが店頭に並んでいる商品が有害ではないかと思ったことは一度や二度ではないでしょう。EUでは、環境や景観を守りつつ、最高品質の食品を確保するために様々な努力をしています。共通農業政策(CAP)の起源は1970年代にさかのぼりますが、それ以来、CAPは常により効果的な管理・保護メカニズムを開発してきました5

     

    CAPの原則と目的

    EUにおける農家への支援は、2019年に588.2億ユーロと高額だったことをご存じですか?これは1,600億を超える総予算の約35%です!この予算により、EUは、農家への収入支援、気候変動への対応、活気ある農村コミュニティの維持など、高品質な食品への継続的なアクセスを確保するための多くの活動を可能にしています6。これは、環境とそこに住む人々を守ることが、世界の専門家から見ていかに重要であるかを示しています。

    これらの目的を達成するために、EUは、各EU加盟国がコミットすべき農業慣行を開発しました。これらは主に、農業が周辺の自然に与える悪影響を最小限に抑えるための方法に関わるものです。例えば、持続可能な農業、生態系の維持、作物の厳しい品質基準などです3。また、排水管理や保護具の正しい使用など、衛生基準にも配慮しています。

     

    EUにおける正しい農業慣行

    協定締結当初から、適切な教育と農業従事者の基本的なニーズを満たすことに主眼が置かれていました。これを実施することで、農家は、より効率的な農業や身近な環境を守るための新しい知識を得る機会と時間を得ることができます。教育を受けた人は、地球を大切にしなければならないという意識を持ち始めます。

    水の保護の分野でも高い意識が見られます1。農家は汚染を防ぐための方法を知り、実践するようになっています2

     

    段階的で効果的な教育と補助金によって、農業活動は環境公共財の保護と創出のための場となり、伝統的な公共財の概念を拡張することになります4。このような一貫した行動により、すべての人がメリットを得られます。あなた自身の、そして大切な人に振る舞う食事の品質も良くなり、周囲の自然も美しく保つことができるのです。

     

     

     

    出典:
    1. Hołownicki, R., Doruchowski, G., Godyń, A., & Świechowski, W.(2011).Technika ochrony roślin w dyrektywach UE.Inżynieria Rolnicza, 15, 75-84.
    2. Jurczuk, S., Łempicka, A., & Rydałowski, M.(2008).Poziom świadomości rolników ze zlewni Utraty w zakresie zanieczyszczenia wód środkami ochrony roślin na tle wybranych zlewni w krajach UE. Woda-Środowisko-Obszary Wiejskie, 8, 45-62.
    3. Kania, J.(2006).Programy rolno-środowiskowe i zasady dobrej praktyki rolniczej jako możliwości optymalnego gospodarowania i ochrony dolin rzecznych. Infrastruktura i ekologia terenów wiejskich, (4/1).
    4. Król, M. A.(2017).Ocena modelu prawnej ochrony środowiska we Wspólnej Polityce Rolnej. Studia Iuridica Lublinensia, 26(1), 227-254. 
    5. https://www.gov.pl/web/wprpo2020/cele-wpr1
    6. https://ec.europa.eu/info/food-farming-fisheries/key-policies/common-agricultural-policy_pl

    現在ヨーロッパ連合の国々では、最高の品質と安全な製品を提供するために、最新技術と伝統的でバランスのとれた飼育方法を組み合わせて高水準の豚を生産しています。これらにより、ヨーロッパの農場は世界的な競争の中で際立っています。

     

    農場の特徴

    家畜を飼育する農場の立地、構造、運営については、法律や要件1によって厳密に規定されており、農家にはさまざまな決定や許可を得る義務が課せられているほか、飼育のさまざまな段階で環境への影響に関する詳細な分析結果を提示しなければなりません。EU内にある高品質の畜産農場として、環境に悪影響を与えてはならないということも重要です。

    高水準の畜産農場とは – ヨーロッパ水準!

    2008年12月18日の成文化された指令2008/120/EC1は、家畜の福祉の高水準での維持に直接関係するすべての法的要件を体系化したものです。養豚場の動物たちはそれぞれ自由に動けるようになっています。自然環境下では母豚は共同生活を送るため、いわゆる環境複合要因を確保する必要があります。動物の福祉のために、農家は動物が自然な行動を維持できるような適切なスペースを提供しています。

     

    養豚において飼料が重要な理由

    しかし、最も重要なことは、動物が自然な生物学的必要性に応じて摂取量を調整できるように、高品質の飼料と自由に使える水を与えることです。

    豚に与える飼料は、成長と適切な発育に必要な必須栄養素がバランスよく含まれている必要があります。そのため、ヨーロッパの農場では、2005年1月12日付の「飼料の衛生に関する要件を定める欧州議会および理事会規則(WE)No.183/2005」2で定められた要件を満たす高品質の飼料を使用しています。

    家畜に与える水の質には細心の注意を払わなければなりません。人間が消費できる飲料水の基準をすべて満たしている必要があります。

     

    家畜が飼育されている建物

    家畜の飼育エリアは、あらゆる障害物が排除された空間でなければなりません。一頭あたりのスペースは、動物の体重などによって異なります。子豚や繁殖用の豚(母豚を除く)の場合は、0.15~1.00m2が必要です。グループで飼われている雌豚や母豚の場合、床面積はそれぞれ1.64m2、2.25m2でなければなりません。生産者は、各動物が完全に自由に動けるように十分なスペースを確保する必要があります。動物たちが快適に過ごせるように、建物の壁には十分な断熱材が必要です。豚はとてもきれい好きな動物なので、建物は清潔に保たなければなりません。

    現行の法律1では、動物が閉じ込められた空間を作ることは禁止されています。養豚場の所有者には、動物に適切な環境を与えることが義務づけられており、それが肉の品質につながります。豚の飼育に用いられる建物や部屋の微気候条件は、動物に物理的、化学的、生物学的な影響を与え、その結果、健康状態や生産結果を左右します。

     

    検査項目による品質管理

    最高レベルの飼育環境を維持するために、体系的な品質と動物福祉のチェックが行われています。各加盟国は、以下の点について適切な検査機関を決定しています。

    環境保護 – 環境保護監察局

    健康維持および動物の福祉 – 獣医学監察局

    各生産者には、詳細な飼育台帳3の記録が義務付けられています3。

     

    ヨーロッパ連合内の農場を特徴づけるもの

    一生を通じて豚の福祉を維持し、豚の成長に最適な条件を確保し、実績のある最新の技術のみを使用することで、ヨーロッパの畜産はまったく新しい水準に達しました。その結果、EU産の豚肉は世界でもトップクラスの品質を誇っています4。ヨーロッパの畜産農場では、動物が自然の生息地にできるだけ近い状態で生活できるようにしています。

    高品質で非常に美味しく、そして何よりも安全なEU産の豚肉は、忘れられない味を保証してくれます。

     

     

    出典:

    1. https://eur-lex.europa.eu/eli/dir/2008/120/oj豚の保護のための最低基準を定める2008年12月18日の理事会指令 2008/120/EC
    2. 飼料の衛生に関する要件を定める2005年1月12日の欧州議会および理事会規則(WE)183/2005
    3. 豚純血種の飼育台帳の記録基準を定める1989年7月18日の委員会決定89/502/EWG
    4. https://ec.europa.eu/info/sites/default/files/food-farming-fisheries/farming/documents/pig-market-situation_en.pdf

    EUは世界でも有数の家禽生産地域であることをご存知でしたか?年間の生産量は1350万トンにも上ります。ヨーロッパのすべての農家は市場の要求に対応するため特別に作られた営業規則を遵守する義務を背負っています。1

     

    数字で見る家禽肉の消費量

    家禽肉の一人あたりの消費量は年間で25kgにもなります。ある研究によればその消費量は今後20年間で20%も上昇するとされています。その上昇率の中の40%はアジアによるものです。2それほど大きな需要があるということです。2020年のユーロスタットのデータでは3、ポーランドは年間家禽生産量270万トンを誇り、EU内でもトップクラスとなっています。

     

    高品質なお肉

    このような大規模な生産は非常に責任の伴う仕事です。毎日私たちの多くがお皿の上のお肉を食べているわけですから、それらが高品質であることはとても大切なことです。このため、動物の健康と福祉が最優先事項になります。世界的に見てもEUの中の農場は高いレベルにあり、動物飼育に関わるガイドラインを規定する基準や法的制度では最前線にあります。

     

    養鶏場

    鶏はとりわけ気を使って扱う必要があります。平飼いをされている鶏が増えてきていますが、ケージ飼いの数も絶えず上昇しています。ガイドラインの例として1平方メートルあたり9羽までというものがあります。さらに、ケージの中で1羽1羽に自分の場所が与えられます。また、それぞれ常に餌を食べることのできる状態でなければなりません。

    生産者は鶏を飼っている場所すべてを適切なEU国内の機関に届け出なければなりません。鶏舎の条件が点検されたあと、生産者は生産者番号を付与され、その番号によって製品の出処を追跡することができるようになります。4

     

    鶏は何を食べている?

    鶏の餌は栄養満点で、鶏に必要なものを満たしている必要があります。餌を用意する際には、エネルギー、タンパク質、ミネラル、アミノ酸に特に気を配ります。新鮮で清潔な場所で、適切な量を与えることが求められます。さらに、飼育されている鶏が常に水を飲むことができる状態でなければなりません、典型的な餌の材料には、とうもろこし、小麦、大麦、炭酸カルシウム、菜種油、豆類の種子などが使われています。5

     

    監理機関による品質監理

    養鶏の品質管理は非常に複雑です。欧州委員会の代表が議長を努める政府代表者で構成される委員会により管理されます。養鶏に関する重要事項を話し合うために、定期的に議論が行われています。このために発足した委員会やグループはEUのウェブサイトec.europa.euで確認できます 。.6

     

    このように、ヨーロッパの養鶏は非常に高いレベルを誇っています。これも法規制や、法改正のおかげです。家畜としての動物福祉は私たち最重要事項であり、それによって安全で高品質な製品ができるのです。

     

     

    参照元;

    1 - eur-lex.europa.eu (営業規則)

    2 - wattagnet.com (アジアと世界における家禽消費)

    3 - eurostat.ec (家禽生産)

    4 - ec.europa.eu (養鶏場所)

    5 - agrofakt.pl (鶏用飼料)

    6 - ec.europa.eu (品質管理)

    畑や果樹園におけるEUの優先事項

     

    ヨーロッパの高い栽培基準と近代的な生産方法は、ヨーロッパの果物と野菜の品質と安全性に直接影響を与えています。

    果物や野菜の栄養および味は、EUにとって重要な優先事項です。市場に流通している、ヨーロッパの基準を満たした果物や野菜は、栄養価が高く、適切な方法で成熟しています。

     

    280万ヘクタール - これは欧州連合内で果物が栽培されている面積です。

    ユーロスタットのデータによると、さらに210万ヘクタールが野菜の栽培に利用されています。

     

    生産量で言えば、リンゴはEU農業の象徴と言えるでしょう。

     

    欧州共同体内で最大の収穫をもたらしたのは、この果物でした!

    2020年には、EU全体のリンゴの収穫量は10,711,000トンに上りました。

    同年のポーランドのリンゴ生産量は、前年の340万トンを17%上回ると推定されています。

    トマトは最も人気のある野菜で、昨年の収穫量は約1,850万トン、EU市民1人当たり36kgでした。

    ユーロスタットのデータによると、ポーランドは2018年のEUにおけるブルーベリーの第2位の生産国であり、EUの収穫量の24%のシェアを占めています。これらの生産が発展したのは、ポーランドのEU加盟後でした。それ以来、ブルーベリーの収穫量は4,000トンから25,000トン以上に増加しました。

     

    ヨーロッパの農業分野における学術研究

     

    EUでの野菜栽培は、ヨーロッパや世界の研究者が長年にわたって行ってきた品種改良の成果を利用しています。これらの品種は、目的(生食、保存、加工)、収穫(収穫時期と収量の大きさ)、温度条件、病気や害虫への耐性などが異なります。

    栽培方法は、畑、温室、ビニールハウス、促成栽培、定植、育苗などさまざまです。収穫量を増やし、品質を向上させるために、さまざまな処理が行われています(植物の光、灌漑、新しい貯蔵方法(低温貯蔵など)、国内外のさまざまな生産方法など)3。

     

    経験豊富な農家によって情熱を込めて生産されたEU産の果物や野菜は、高品質、安全でおいしい選択です!

     

    出展: