• English
  • Tiếng Việt
  • 中文 (中国)
  • 한국어
  • 日本語
  • 現在ヨーロッパ連合の国々では、最高の品質と安全な製品を提供するために、最新技術と伝統的でバランスのとれた飼育方法を組み合わせて高水準の豚を生産しています。これらにより、ヨーロッパの農場は世界的な競争の中で際立っています。

     

    農場の特徴

    家畜を飼育する農場の立地、構造、運営については、法律や要件1によって厳密に規定されており、農家にはさまざまな決定や許可を得る義務が課せられているほか、飼育のさまざまな段階で環境への影響に関する詳細な分析結果を提示しなければなりません。EU内にある高品質の畜産農場として、環境に悪影響を与えてはならないということも重要です。

    高水準の畜産農場とは – ヨーロッパ水準!

    2008年12月18日の成文化された指令2008/120/EC1は、家畜の福祉の高水準での維持に直接関係するすべての法的要件を体系化したものです。養豚場の動物たちはそれぞれ自由に動けるようになっています。自然環境下では母豚は共同生活を送るため、いわゆる環境複合要因を確保する必要があります。動物の福祉のために、農家は動物が自然な行動を維持できるような適切なスペースを提供しています。

     

    養豚において飼料が重要な理由

    しかし、最も重要なことは、動物が自然な生物学的必要性に応じて摂取量を調整できるように、高品質の飼料と自由に使える水を与えることです。

    豚に与える飼料は、成長と適切な発育に必要な必須栄養素がバランスよく含まれている必要があります。そのため、ヨーロッパの農場では、2005年1月12日付の「飼料の衛生に関する要件を定める欧州議会および理事会規則(WE)No.183/2005」2で定められた要件を満たす高品質の飼料を使用しています。

    家畜に与える水の質には細心の注意を払わなければなりません。人間が消費できる飲料水の基準をすべて満たしている必要があります。

     

    家畜が飼育されている建物

    家畜の飼育エリアは、あらゆる障害物が排除された空間でなければなりません。一頭あたりのスペースは、動物の体重などによって異なります。子豚や繁殖用の豚(母豚を除く)の場合は、0.15~1.00m2が必要です。グループで飼われている雌豚や母豚の場合、床面積はそれぞれ1.64m2、2.25m2でなければなりません。生産者は、各動物が完全に自由に動けるように十分なスペースを確保する必要があります。動物たちが快適に過ごせるように、建物の壁には十分な断熱材が必要です。豚はとてもきれい好きな動物なので、建物は清潔に保たなければなりません。

    現行の法律1では、動物が閉じ込められた空間を作ることは禁止されています。養豚場の所有者には、動物に適切な環境を与えることが義務づけられており、それが肉の品質につながります。豚の飼育に用いられる建物や部屋の微気候条件は、動物に物理的、化学的、生物学的な影響を与え、その結果、健康状態や生産結果を左右します。

     

    検査項目による品質管理

    最高レベルの飼育環境を維持するために、体系的な品質と動物福祉のチェックが行われています。各加盟国は、以下の点について適切な検査機関を決定しています。

    環境保護 – 環境保護監察局

    健康維持および動物の福祉 – 獣医学監察局

    各生産者には、詳細な飼育台帳3の記録が義務付けられています3。

     

    ヨーロッパ連合内の農場を特徴づけるもの

    一生を通じて豚の福祉を維持し、豚の成長に最適な条件を確保し、実績のある最新の技術のみを使用することで、ヨーロッパの畜産はまったく新しい水準に達しました。その結果、EU産の豚肉は世界でもトップクラスの品質を誇っています4。ヨーロッパの畜産農場では、動物が自然の生息地にできるだけ近い状態で生活できるようにしています。

    高品質で非常に美味しく、そして何よりも安全なEU産の豚肉は、忘れられない味を保証してくれます。

     

     

    出典:

    1. https://eur-lex.europa.eu/eli/dir/2008/120/oj豚の保護のための最低基準を定める2008年12月18日の理事会指令 2008/120/EC
    2. 飼料の衛生に関する要件を定める2005年1月12日の欧州議会および理事会規則(WE)183/2005
    3. 豚純血種の飼育台帳の記録基準を定める1989年7月18日の委員会決定89/502/EWG
    4. https://ec.europa.eu/info/sites/default/files/food-farming-fisheries/farming/documents/pig-market-situation_en.pdf

    EUは世界でも有数の家禽生産地域であることをご存知でしたか?年間の生産量は1350万トンにも上ります。ヨーロッパのすべての農家は市場の要求に対応するため特別に作られた営業規則を遵守する義務を背負っています。1

     

    数字で見る家禽肉の消費量

    家禽肉の一人あたりの消費量は年間で25kgにもなります。ある研究によればその消費量は今後20年間で20%も上昇するとされています。その上昇率の中の40%はアジアによるものです。2それほど大きな需要があるということです。2020年のユーロスタットのデータでは3、ポーランドは年間家禽生産量270万トンを誇り、EU内でもトップクラスとなっています。

     

    高品質なお肉

    このような大規模な生産は非常に責任の伴う仕事です。毎日私たちの多くがお皿の上のお肉を食べているわけですから、それらが高品質であることはとても大切なことです。このため、動物の健康と福祉が最優先事項になります。世界的に見てもEUの中の農場は高いレベルにあり、動物飼育に関わるガイドラインを規定する基準や法的制度では最前線にあります。

     

    養鶏場

    鶏はとりわけ気を使って扱う必要があります。平飼いをされている鶏が増えてきていますが、ケージ飼いの数も絶えず上昇しています。ガイドラインの例として1平方メートルあたり9羽までというものがあります。さらに、ケージの中で1羽1羽に自分の場所が与えられます。また、それぞれ常に餌を食べることのできる状態でなければなりません。

    生産者は鶏を飼っている場所すべてを適切なEU国内の機関に届け出なければなりません。鶏舎の条件が点検されたあと、生産者は生産者番号を付与され、その番号によって製品の出処を追跡することができるようになります。4

     

    鶏は何を食べている?

    鶏の餌は栄養満点で、鶏に必要なものを満たしている必要があります。餌を用意する際には、エネルギー、タンパク質、ミネラル、アミノ酸に特に気を配ります。新鮮で清潔な場所で、適切な量を与えることが求められます。さらに、飼育されている鶏が常に水を飲むことができる状態でなければなりません、典型的な餌の材料には、とうもろこし、小麦、大麦、炭酸カルシウム、菜種油、豆類の種子などが使われています。5

     

    監理機関による品質監理

    養鶏の品質管理は非常に複雑です。欧州委員会の代表が議長を努める政府代表者で構成される委員会により管理されます。養鶏に関する重要事項を話し合うために、定期的に議論が行われています。このために発足した委員会やグループはEUのウェブサイトec.europa.euで確認できます 。.6

     

    このように、ヨーロッパの養鶏は非常に高いレベルを誇っています。これも法規制や、法改正のおかげです。家畜としての動物福祉は私たち最重要事項であり、それによって安全で高品質な製品ができるのです。

     

     

    参照元;

    1 - eur-lex.europa.eu (営業規則)

    2 - wattagnet.com (アジアと世界における家禽消費)

    3 - eurostat.ec (家禽生産)

    4 - ec.europa.eu (養鶏場所)

    5 - agrofakt.pl (鶏用飼料)

    6 - ec.europa.eu (品質管理)

    畑や果樹園におけるEUの優先事項

     

    ヨーロッパの高い栽培基準と近代的な生産方法は、ヨーロッパの果物と野菜の品質と安全性に直接影響を与えています。

    果物や野菜の栄養および味は、EUにとって重要な優先事項です。市場に流通している、ヨーロッパの基準を満たした果物や野菜は、栄養価が高く、適切な方法で成熟しています。

     

    280万ヘクタール - これは欧州連合内で果物が栽培されている面積です。

    ユーロスタットのデータによると、さらに210万ヘクタールが野菜の栽培に利用されています。

     

    生産量で言えば、リンゴはEU農業の象徴と言えるでしょう。

     

    欧州共同体内で最大の収穫をもたらしたのは、この果物でした!

    2020年には、EU全体のリンゴの収穫量は10,711,000トンに上りました。

    同年のポーランドのリンゴ生産量は、前年の340万トンを17%上回ると推定されています。

    トマトは最も人気のある野菜で、昨年の収穫量は約1,850万トン、EU市民1人当たり36kgでした。

    ユーロスタットのデータによると、ポーランドは2018年のEUにおけるブルーベリーの第2位の生産国であり、EUの収穫量の24%のシェアを占めています。これらの生産が発展したのは、ポーランドのEU加盟後でした。それ以来、ブルーベリーの収穫量は4,000トンから25,000トン以上に増加しました。

     

    ヨーロッパの農業分野における学術研究

     

    EUでの野菜栽培は、ヨーロッパや世界の研究者が長年にわたって行ってきた品種改良の成果を利用しています。これらの品種は、目的(生食、保存、加工)、収穫(収穫時期と収量の大きさ)、温度条件、病気や害虫への耐性などが異なります。

    栽培方法は、畑、温室、ビニールハウス、促成栽培、定植、育苗などさまざまです。収穫量を増やし、品質を向上させるために、さまざまな処理が行われています(植物の光、灌漑、新しい貯蔵方法(低温貯蔵など)、国内外のさまざまな生産方法など)3。

     

    経験豊富な農家によって情熱を込めて生産されたEU産の果物や野菜は、高品質、安全でおいしい選択です!

     

    出展: