Facebook

牛肉

牛肉―気品すら漂わせるその肉は、色、食感、味、どれをとっても特別です。世界各国で美味とされるその味はもちろん、その高い栄養価が評価されています。さらに、カロリーは脂肪の含まれる量に依存し、肉そのものはさほど高カロリーではありません。

牛肉は、消費者、調理人双方から好まれる肉です。香りと味が彼らの食欲をそそるからですが、それだけではありません。食用とされる牛の年齢により、牛肉には様々な物質が含まれます。それら自体には味や香りは含まれていませんが、調理工程でその他の材料と化学反応を起こし、最終的には豊かな味と香りを料理に与えてくれます。

良い牛肉は身が締まり、適度な湿り気があり、また、鮮やかな赤色をしています。肉の中央部にはマーブルと呼ばれる脂肪の線が入っていることもあります。真空包装された牛肉は、自然の酸化作用により、し暗い色をしています。

牛肉の調理法は?

オーブン、フライパン、蒸し煮、グリル料理:肩ロース、サーロイン、ヒレ、ランプ、バラ

蒸し煮、フライパン、オーブン:モモ、バラ、サーロイン、スネ、肩肉(ひき肉でも)

スープ:フランク、外バラ、バラ、骨付きリブロース

牛肉の部位