• English
  • Tiếng Việt
  • 中文 (中国)
  • 한국어
  • 日本語
  • EU 🇪🇺の安全な家禽肉のバリエーションをご紹介!

    ヨーロッパの家禽肉が最高と言える理由をチェックしましょう!家禽のお肉のバリエーションと、栄養価、そして他のお肉と何が違うのかを学ぶことができます。もちろんお肉のレシピを使って、美味しい料理もお楽しみください。

     

    EU産の家禽肉を選ぶメリットとは?💡

    EUには、家禽に対する厳しい商取引基準があります。それはEUにおける食品の品質と基準の一貫性を確保するための基準です。さらに、EUは家禽の取引市場をモニタリングしています[1]。これによって食品の安全性、鮮度、美味しさを確保しています。

     

    鶏

    ​柔らかくて美味しいお肉です。ビタミンB群とミネラル(亜鉛、リン、カリウム)を多く含みます[2]。質の高い料理を食べたい方におすすめです。

    鶏肉で最もよく使われる部位は胸肉です。甘みのあるしっかりとしたお肉が舌を楽しませてくれます。グリル、フライ、サラダなどにお使いください。胸肉の良い所は、数百の方法で調理できる汎用性にあります。

    ささみは胸肉の一部で、素早く調理することができます。ささみはグリル、フライ、そして茹でる料理にも最適です。

     

    七面鳥

    ビタミンB、ナイアシン、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄分が豊富なお肉です。体のラインが気になる方におすすめです[3]。

    七面鳥の胸肉は、一口目から恋に落ちるような、おいしく、繊細でジューシーなお肉です。ランチやサラダに最適です。

    七面鳥ささみは繊細な食感とほのかな味わいが魅力です。短時間の熱処理で食べることができ、グリルやフライに最適です。

     

    ガチョウ

    高タンパク質、豊富なミネラルとビタミン、高品質の脂肪 - これらがガチョウ肉の特徴です[4]。

    ガチョウの胸肉は香り高い脂肪分を含んでおり、グリルすれば旨みたっぷりのごちそうになります。燻製タイプのものも販売されています。

    ガチョウのもも肉は、むね肉よりもさらに風味と香りが強い骨付き肉です。そのジューシーさと、用途の広さが愛されています。もも肉を使えば美味しく香り立つブイヨンやスープを作ることができます。

    ディナーにEU産ガチョウのお肉を使えば、自分もゲストも大喜び間違いありません。特別な機会に最適です。甘みのあるお肉は、焼いて食べると絶品です。また、フルーツとの組み合わせも良いお肉です。

     

    ヨーロッパの家禽のお肉を選ぶべき理由をおわかりいただけたでしょうか?手に取る商品をチェックして、安全で、高品質、そして美味しい食品をお楽しみください。

     

     

    [1] 欧州委員会:https://agriculture.ec.europa.eu/farming/animal-products/poultry_en、 (2023年2月6日)

    [2] E. Aszkiewicz、R. Chojnacka、J. Przytuła、A. Swulińska-Katulska、「Kuchnia polska ENCYKLOPEDIA SZTUKI KULINARNEJ」、ポズナン、194 ページ。

    [3] Agrofakt:https://www.agrofakt.pl/polskie-indyki-stoly-europy/、 (2023年2月6日)。

    [4] Raport Rolny:https://raportrolny.pl/z-perspektywy-dietetyka-czy-co-warto-wiedzec-o-gesin/(2023年2月6日)。