• English
  • Tiếng Việt
  • 中文 (中国)
  • 한국어
  • 日本語
  • 畑や果樹園におけるEUの優先事項

     

    ヨーロッパの高い栽培基準と近代的な生産方法は、ヨーロッパの果物と野菜の品質と安全性に直接影響を与えています。

    果物や野菜の栄養および味は、EUにとって重要な優先事項です。市場に流通している、ヨーロッパの基準を満たした果物や野菜は、栄養価が高く、適切な方法で成熟しています。

     

    280万ヘクタール - これは欧州連合内で果物が栽培されている面積です。

    ユーロスタットのデータによると、さらに210万ヘクタールが野菜の栽培に利用されています。

     

    生産量で言えば、リンゴはEU農業の象徴と言えるでしょう。

     

    欧州共同体内で最大の収穫をもたらしたのは、この果物でした!

    2020年には、EU全体のリンゴの収穫量は10,711,000トンに上りました。

    同年のポーランドのリンゴ生産量は、前年の340万トンを17%上回ると推定されています。

    トマトは最も人気のある野菜で、昨年の収穫量は約1,850万トン、EU市民1人当たり36kgでした。

    ユーロスタットのデータによると、ポーランドは2018年のEUにおけるブルーベリーの第2位の生産国であり、EUの収穫量の24%のシェアを占めています。これらの生産が発展したのは、ポーランドのEU加盟後でした。それ以来、ブルーベリーの収穫量は4,000トンから25,000トン以上に増加しました。

     

    ヨーロッパの農業分野における学術研究

     

    EUでの野菜栽培は、ヨーロッパや世界の研究者が長年にわたって行ってきた品種改良の成果を利用しています。これらの品種は、目的(生食、保存、加工)、収穫(収穫時期と収量の大きさ)、温度条件、病気や害虫への耐性などが異なります。

    栽培方法は、畑、温室、ビニールハウス、促成栽培、定植、育苗などさまざまです。収穫量を増やし、品質を向上させるために、さまざまな処理が行われています(植物の光、灌漑、新しい貯蔵方法(低温貯蔵など)、国内外のさまざまな生産方法など)3。

     

    経験豊富な農家によって情熱を込めて生産されたEU産の果物や野菜は、高品質、安全でおいしい選択です!

     

    出展: